補聴器の購入 生活を豊かに-思い出を一緒に-
補聴器の基礎知識
補聴器の購入
補聴器のアフターケア

選ぶ前に知っておきたい4つのポイント
補聴器はどこでうっているのか?補聴器にはどんな種類があるのか?聴力に合わせた補聴器を選ぶには?両耳装用の効果とは?
選ぶ前に知っておきたい4つのポイント2
補聴器はどこで売っているのか?
販売店の検索ページへ
メンテナンスをしてこそ長く快適に使える機器です。 お住まいの地域の販売店を検索してみましょう。
アドバイザー02-ok
最近では補聴器調整用のパソコン機器や防音室を完備しているようなメガネ屋さんも増えております。
最新のデモ機で試聴体験も可能です。ぜひお近くの取扱い店をチェックしてみてください。
補聴器にはどんな種類があるのか?
補聴器の形状について
機能・形状を知ることで聴力と必要性にあった 補聴器に出会えます。
アドバイザー02-left
形状によって向き、不向きがあるので、十分にスタッフと相談することが大切です。
聴力に合わせた補聴器を選ぶには?
きこえについて
聴力といっても、その内容は低い音や高い音など様々で人によっては高音のみが聞こえにくいなどの個人差がございます。補聴器取扱い店であれば、聴力測定器を完備していますので、ご相談ください。また、聴力測定値の結果に高音と低音に差が有る場合は、デジタル補聴器などの調整ができる補聴器がオススメです。
両耳装用の効果とは?
補聴器装用について
「両耳装用」とは左右の耳に補聴器を装用することです。補聴器は両耳装用することで、さらに効果を発揮します。片側だけ装用すれば十分とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、人は耳も、目も、鼻の穴も手足も二つずつ持ち合わせています。左右の働きを整えることで、より自然な聞こえと言葉の聞き取りが向上します。音量も片側だけで装用するよりも小さくでき、耳の負担の軽減につながります。

両耳装用で・より自然で臨場感豊かな世界が広がります。 ・銀行や病院で呼ばれる時など、騒がしい場所でもより聞き取りやすくなります。 ・片耳装用に比べて補聴器の音量をあげなくても聞きやすく、疲れにくくなります。 ・音の方向感や距離感がつかみやすいので、外出時の安全性が向上します。
押さえてあんしん!補聴器購入の流れ
販売店で相談
聴力測定
補聴器選び
試聴・調整
 
納得
ご購入
アフターケア
流れ背景
 
補聴器は購入後でも聞こえの調整ができることが魅力の一つです。補聴器と上手に付き合っていく上でもアフターケアは重要となります。
 
アフターケアについて
 

購入時の福祉制度について

購入時の福祉制度について
認定される規定聴力は高度難聴レベルですので、軽度・中等度の難聴では認定されません。
認定の手続き等詳しいことはお近くのお住まいの自治体の福祉課にお問い合わせください。
【医療費控除】
医療費控除は治療や治療を受けるために必要な費用に限られます。医師が書いた「治療のために(または治療を受けるために)補聴器が必要である」という診断書などが有る場合は医療費控除の対象になりますが、耳が遠くなったために購入した補聴器は医療費対象外となります。

       
   
 
形状や機能において様々な特徴のある補聴器の購入はほとんどの方が不安を感じられます。
ましてや耳という敏感な所に用いるものですから、抵抗も大きくなるのは当然です。そういった想いも全て販売員に話してみてください。そして一つづつ補聴器について確認していきましょう。そうした過程を経て購入した補聴器はきっと生活の中で大切なパートナーとなって生活に彩りをあたえてくれるでしょう。
 
   
次のページでは長く快適に補聴器を利用するために必要なことをお伝えしています。
 
早速お近くの補聴器販売店を検索
長く快適に補聴器を使うために 次のページへ

eye-project
トップページ
トップページへ



Le’ts-eye活-ページへ