補聴器のアフターケア
補聴器の基礎知識
補聴器の購入
補聴器のアフターケア

補聴器購入はスタートです。
補聴器は調整のきく器具です。自分にとって心地よい「聞こえ」を探していきましょう。

年齢とともに聴力はどんどん変化して行きます。

補聴器に慣れている方も、体調や聴力の変化、

使用環境など様々な原因で「聞こえ」が変化することがあります。
きこえとともに変化するパートナー
補聴器は購入した後に、心地よく聞こえるようになるまでに少し時間がかかります。当然、今まで聞こえていなかったいろいろな音が聞こえてくるので、最初は違和感を覚えますが、だんだんと慣れていくものです。個人差はありますが、およそ1ヵ月~3ヶ月程度で補聴器を通して聞こえる音になれると言われています。ただ、若い頃と同じように聞こえるのは補聴器を装用しても難しいですが、快適な聞こえのためにも早めの装用がオススメです。補聴器は「聞こえ」とともに変化するあなただけのパートナーです。定期的に調整することで快適に使う事が出来ます。
長く快適に使い続ける為に必要なこと
       
 
はじめての補聴器は最初は違和感を感じます。1日、短い時間でもいいので補聴器をつける習慣をつけてください。
そして、徐々に静かな場所から騒がしい場所へと試していくようにすると、慣れるのが早いですよ。
快適に使い続けるための項目
 
 
気になるトラブルについて
 
毎日のケアは長く快適に使うコツです

 
耳あな型補聴器の場合
耳かけ型補聴器の場合
ポケット型補聴器の場合  
 
耳あな型
耳あな型-02
ポケット型
 
 
耳アカを点検し、除去します。

就寝中は乾燥ケースにいれて保管してください。
耳に入れるイヤモールドや耳せんに耳アカや汚れが詰まっていないか確認。

冬場など、外気温が下がると音道部分のチューブに結露が生じる場合があります。販売店でこまめにケアしてもらってください。

 夏場は、汗が補聴器に付着するので、故障が多くなります。乾いたハンカチや、やわらかい布でこまめにふき取ることをお勧めします。

icon-komeスポーツや作業で大量の汗をかくことが多い方には防水タイプの補聴器がオススメです。
コードの断線が故障原因にあげられます。コードにねじれがないかの確認と、強くコードを曲げたり、引っ張ったりしないようにお気をつけください。
 
 
これらのお手入れは、お買上いただきました販売店での定期点検時にも
行ってくれるので心配な方は相談してみてください。
 

アドバイザーコメント
乾燥ケースに保管する目的は補聴器を長持ちさせることです。故障の原因は主に「汗」と「湿気」です。乾燥ケースに入れてしっかり水分を飛ばしましょう。
メンテナンスについて

気心知れたお店で定期的にケア

定期的に、購入された補聴器店で点検やクリーニングをされると、補聴器の長持ちにつながります。

補聴器は汗、湿気、ホコリ等の原因により、故障につながることが多くあります。メーカーで分解掃除(オーバーホール)すること も可能です。(別途費用がかかります。機種によっては対応できない場合があります。)

耳かけ形補聴器は汗等により、耳穴形補聴器は耳垂れなどにより、補聴器内部が腐食しやすいので、分解掃除が大切です。
お買上いただきました販売店を経由して行います。
販売店を検索
あれ?故障かな?と思ったら、まずチェック!
 
「電池」を確認!!
・電池を交換してみましょう。電池切れかもしれません。
・電池の向きは正常ですか?
補聴器本体を確認
・耳アカが詰まっていないかチェックしましょう。
 詰まっていた場合は、ティッシュなどの柔らかいもので優しく拭きとります。
メンテナンスをこまめに行いもっと生活を豊かに
このページの冒頭でもお伝えしましたが補聴器は買って付けたら終わりではなく、変化していく「聞こえ」に合わせて調整していくことでその力を十分に発揮するものです。定期的な調整とアフターケアで長く快適に補聴器をお使いください。
使用に関して不安な事があれば迷わず販売店に相談しましょう。
       
   
「聞こえ」って生活の中でかなり重要なことです。私が今まで担当させていただいたお客様で
「補聴器をつけて積極的になれた」「友達の中に入って会話を楽しむことができるようになった」「孫との会話が楽にできるようになった」「病院の先生の声がはっきり聞こえるようになった」「散歩していると小鳥のさえずりなど自然の音が聞こえるようになった」
など喜びの声をよく伺います。一人でも多くの方に補聴器のよさをしっていただけると嬉しい限りです。
   
補聴器はこまめにメンテナンスを行う事で快適に使える機器です。気軽に相談できる販売店をチェックしましょう。
 
早速お近くの補聴器販売店を検索

eye-project
トップページ
トップページへ



Le’ts-eye活-ページへ